自然の力を借りて作られたもの

印鑑材料イメージ

現在、印鑑を作る素材には様々な材料が使われています。

古くから印鑑の素材として有名なのは象牙や水牛といった動物の牙や角を利用した素材ですが、特に象牙は販売に規制がかかるくらい希少になってきているため、届け出を堤出し、登録しないと取扱いできない決まりがあるようです。

【印鑑通販のおすすめサイト】
印鑑卸売市場は、卸売価格で印鑑を作成して、即日出荷する通販サイトです。

しかし、丈夫で使いやすい素材として今もとても人気があります。
自然の木を利用して作る素材も、やはり森林伐採、環境破壊と問題になっており、現在では木を伐採しないで作る材料や、計画的に伐採する材料を使ったエコ印鑑が話題になっています。

「彩樺」や「アグニ」がエコ素材として有名で最近ではよく耳にするようになりました。
「エコ素材で作られた印鑑で大丈夫?」と心配される方もいると思いますが、耐久性は動物の牙や角にも劣らないとても丈夫な材料で、印鑑以外にも家具などの材料として使われているくらいです。きちんと美しい木目が生かされていて見た目だけではエコ素材だとは全くわかりませんでした。

今、インターネットのはんこ屋さんの多くが環境のことも考えた製品を販売しています。
エコ素材で作られた印鑑には「グリーン購入法適合商品」と記載されていることが多く、材料について詳しく説明をしてくれているお店も多いようです。

もちろん、私が動物の牙や角、天然の木材を利用して作られた印鑑が悪いと思っているわけではありませんが、どんな印鑑でも自然の力を借りて作られたものに対しては、感謝して、大切に心を込めて使っていきたいと強く思います。

ページの先頭へ