偽造される可能性も

印鑑イメージ

〈シャチハタ不可〉誰もが一度は見た事がある言葉だと思います。
なぜ、シャチハタ不可なのか疑問に思い調べてみました。

【急ぎで銀行印がほしい方は必見】
銀行印は実印や認め印とは区別して、金融関係専用として用意してご使用しましょう。

シャチハタの正式名称はXスタンパーというもので、シャチハタはそれを製造、開発した会社名だということがわかりました。
印面がゴム製であり、朱肉台を使わず内部からインクが染み出てくるため繰り返し押印出来るのが一般的に言うシャチハタ印です。

なぜ不可となる場合があるのかは、印面がゴム製である事が1番の理由の様です。
ゴムだと力の入れ具合によって形が崩れてしまうため、捺すたびに形が変わってしまう恐れがあります。

また、シャチハタは大量に生産していることが多く、全く同じものが世の中に沢山出回っていることになります。
それを大切な書類などに使ってしまっては、本当に本人かどうなのかを確認するのも一苦労ですし、偽造される可能性も高くなってしまいます。

それから、昔シャチハタに使われていたインクが時間が経つと滲んでしまったり消えてしまったりすることが多く、シャチハタ不可になったのでは?という説もあるようです。

今のシャチハタは改良されて、滲む、消えるなどの問題も解決されているとは思いますが、ある程度保存しておかなければならない書類などにはシャチハタのインクは不向きだったのでは?と言われているようです。

私はシャチハタを毎日使っていますし、確かに便利でなくてはならないものですが、やはり重要な書類などにはやきちんとした印鑑に朱肉をつけて捺すことで、自分の中でも責任を持てる気がします。

ページの先頭へ