風水などを取り入れて作る

印鑑イメージ

印鑑の風水を信じますか?

私の周囲の人間は占いや風水が大好きで、印鑑の風水をとても大切にしているようです。
私も占いや風水はどちらかと言えば好きですし、決して信じていないわけではないのですが、温度差を感じる事がたまにあります。

と言うのも、先日、いつも使っていた印鑑が壊れてしまったので新しいのを購入しなくてはと話したところ、印鑑の素材や書体、私の名前の画数まで調べてくれて、とても有難かったのですが、印鑑についてあまりにも熱く語る友達を見て少しばかり圧倒されてしまいました。

【生体適合性に抜群に優れているチタン素材の印鑑】
印鑑のベストクオリティのチタン印鑑は、長く利用していても錆びにくく耐食性に優れた素材です。良いものは大事に使いたいですね。

しかし、せっかくいろいろと教えてくれたのだし、友達を信じて言われた通りに作ってもらうことにしました。
素材は柘で、書体は吉相体で、名前のみの横彫りで作成してもらうことに決めました。

吉相体は、古くから縁起が良い書体とされ開運に繋がると言われているそうです。
名のみの横彫りはお金が貯まるといわれているそうです。

実印の場合は男性より大きいとあまりよろしくないとか、女性の実印は名前のみが良いとか、いろいろと言われがあるようで、聞いていてとても面白かったです。

基本的に印鑑は1度購入したら長いお付き合いになるので、風水などを取り入れて作るのは個人的にはとても素敵だなと思います。
開運されたのかされていないのかは目に見えてわかることではありませんが、縁起が良いと言われている書体や素材の印鑑を持つことで気持ちが明るくなりますし、それだけでも幸せだなと思いました。
友達が真剣に考えてくれた印鑑なので、1生大切に使おうと思います。

ページの先頭へ